CG Series | FORGED Wheel | VOSSEN WHEELS | MONDERA JAPAN
VOSSEN JAPAN
  • CG-201

  • CG-202

  • CG-203

  • CG-204

  • CG-205

  • CG-207

  • CONCAVE PROFILE FLEXIBILITY


最高品質の仕上げを追求するべくVOSSENでは最先端の設備を社内に設けました。セラミック研磨から粉体塗装にいたるまで、すべてのVOSSENはこれまでで最高のチェック体制で各プロセスをチェックすることにより、業界をリードする品質を得ています。
LEARN MORE
独自のデザインで製造されるVOSSENの鍛造ホイールは、お客様の車に最も適したプロファイルで製作するために、フラット〜スーパーディープまでのコンケーブデザインのホイールを設計しています。この独自のデザインで8.5J〜最大12.5Jまでの深さのリムを作り出しています。

Vehicle Tailored
Engineering
Vehicle-specific concave profile and FEA weight optimization OPTIONAL
Lightening Pockets Weight reducing pockets milled into the back pad of the wheel OPTIONAL
Personalized Engraving Wheel specifications, serial number and a personalized note on the inboard lip OPTIONAL
Center Lock Design modified for center lock application OPTIONAL
Cap Finishes Color matched to wheel with red ‘V’ shield OPTIONAL
  • FACTRY

    3年の歳月をかけ開発した自社工場。VOSSENは鍛造ホイールを完全に社内で製造している世界でも数少ない企業の一つであることを誇りに思っています。米国のフロリダ州マイアミにある本社及び自社工場ではVOSSENのTUVの認定ホイールが最先端の製造設備を用いて製造されています。

  • Design

    多くの鍛造ホイールメーカーは生産性を向上させるために、一般的な加工方法による生産方式を採用する場合が多いのですが、VOSSENの鍛造ラインアップ、特にプレシジョンシリーズでは、生産性の為にデザイン・機能を犠牲にするような方法とることはありません。

  • Engineering

    正確なデータは100以上の異なるデータポイントからの測定値を取ることによって得られます。これらの測定で得られたデータは、有限要素解析(FEA)を使用してテストされているCADモデルにより設計され、コンケーブを最大化しながらもSAEおよびTUVのコンプライアンスを確保しています。そしてそれぞれのホイールは、各車両のモデルごとに1台づつ最適化して設計・生産されています。

  • Manufacturing

    最も妥協のないデザインとその品質基準を達成するために開発された製造方法を採用。業界で最も精巧で精密なホイールを製造するために、VOSSENは独自の6段階の生産プロセスを開発しました。

  • Material

    最高のホイールを生産するためにカリフォルニアで作られた最も優れた素材を用いています。VOSSEN鍛造ホイールは、独自の設計に航空宇宙グレードの6061-T6アルミニウムで作られています。熱処理されたこれらのモノブロック鍛造品は世界トップのOEMメーカーによって使用される原材料と同等・もしくはそれ以上の品質を持っています。

  • Quality Control

    一貫性をもったプロセスコントロールで精度を追求しています。私たちはその品質を追求するために、すべての段階においてすべてのホイールをひとつひとつ入念に検査しています。

    品質管理チームは、詳細なデータシートに沿ってすべての値が許容範囲内であるかをチェックしています。特に振れ・ホイールの真円度の測定は、最もシビアな測定項目です。

※製品の仕様・外観は予告無く変更になる場合がございます。

HOME HOME PageTOP