VOSSEN JAPAN
2016 8/23

VOSSEN JAPAN ONLY ~秘密を公開~


IMG_9508IMG_9514  
このホイールはどんな状況でしょうか?・・・・・
あれ?なんか違う!んん?
わかりますか?実はこれは加工前のVFS-6なんです。

VOSSEN JAPANの誇る 【Custom Offset】の加工準備中と加工待ちの状態です。

加工の前には必ず出荷時と同様にホイールの傷やバランス・振れをチェックしていきます。 そして加工内容に合わせて養生をしていきます。これは加工中の傷や工程移動間に不意に 付いてしまう傷を最小限に抑えるものです。非常に重要!!   IMG_9511IMG_9510

加工工程へと回って来たホイールは加工担当者が再度、製品のスペック間違い等がないか チェック後、加工機へと乗せられます。

もちろんこの時にはまだPCD穴も開いていませんし PADが厚くOFFSETの調整もなされていません。  

これを機械で、あーしてこーしてそーすると出来上がり!!!

加工が完了したら、再度振れや傷をチェックし次の工程の塗装へと移っていきます・・・。

  VOSSEN JAPANのみで展開されている【Custom Offset】の裏側の一部です。

この様にしてお客様の求めた”ツラ”の実現を可能にしているんです。
どうですか?
あなたもやりたくなりました??  

各工程へ移動する度に検査が行われるので品質には自信があります。←言っちゃった。  

もしVOSSENをご検討頂いてる方で理想のオフセットが見つからない方がいらっしゃい ましたら是非、カスタムオフセットを検討してみてはいかがでしょうか??  

VOSSEN JAPAN

“VOSSEN JAPAN ONLY ~秘密を公開~” への4件のフィードバック

  1. 今西卓己 より:

    VOSSEN HF1を検討したいのですがツライチのオフセットがわかりません。
    アドバイスお願いできますでしょうか。
    車両はグランドチェロキーSRT8の2016年モデルです。

    カスタムオフセットは別途料金ですか?

  2. VOSSEN JAPAN 服部 より:

    今西さま

    お問い合わせありがとうございます。

    USマッチングでアグレッシブなサイズですのでツライチではありませんが22x10.5J+35をご紹介させて頂きます。非常に格好良く仕上がると思います。SRT8はブレーキが非常に大きな車両ですのでコンケーブとツラ加減を共存させるのは難易度が高いと思います。

    ミリ単位で攻めたい場合は、車両と現在装着されているタイヤ・ホイールから逆算して求める事ができます。ご購入の際にはSHOPさまよりお問い合わせ頂く必要がございますので、SHOPさまへ車両を持ち込んで計測して頂くのが、より今西さまの求める仕上がりに近付けられると思います。

    HF1は”VTF”というカスタムオプションを基本採用しておりますのでカスタムオフセット料金は不要です。

    ご検討よろしくお願い致します。

  3. 前田 義徳 より:

    VOSSEN HF1を検討中です。
    車種はRANGE ROVER SPORT SEの2017年モデルです。
    現在はTSW Nurburgringの21×9.0J インセット25を履いていますが、フェンダーからのはみ出しがあります。
    はみ出し幅からすれば、寸法的にはHF1でインセット40〜をオーダーすればフェンダー内に収まりそうですが、
    キャリパーとの干渉がないかが心配なため、マッチングデータ等あれば教えてください。

  4. admin より:

    前田さま

    ご検討並びにお問い合わせ誠にありがとうございます。

    HF-1 21×9.0 ET40でしたら装着は可能です。使用されるタイヤのサイズにもよりますが9.5Jもご検討されてはいかがでしょうか?タイヤとのセッティングが変わるとイメージも変わりますしまた違った気分でマイカーを楽しめるかもしれませんよ!

    お手隙の際で構いませんので一度お電話頂ければ幸いです。もう少し詳細お伝えさせて頂けるかもしれません。ご検討の程よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HOME HOME PageTOP